トラップタワーの作り方やSEEDなど、MinecraftPEを楽しむための情報や、最新のアップデート情報を載せていきます。

ここでは、Modのインストール方法、Modを使って遊ぶ方法を紹介します。

Modって?

Modとは、ゲームにさまざまな要素を付加するものです。
ゲームのバイナリに変更を加えるパッチファイルのようなもので、ここで紹介するものの拡張子は(.mod)です。
(映像ファイルの拡張子として認識される場合もあります。)
たとえばクリエイティブで使えないはずのアイテムを出したり、雪玉をTNTのようにしたり、霧がなくしたりと効果はさまざまです。
好きなものを選択していれることができます。

Modリスト

Mod一覧のページからダウンロードすることができます。

適用方法(iOS)

必ずMod一覧のページの、iOS用のModを使うようにしてください!

iOSでModを使うためには脱獄が必要になります。
脱獄って何?という方は使わないことをお勧めします。
Mod毎に方法が違うのでMod一覧参照

適用方法(Android)

必ずMod一覧のページの、Android用のModを使うようにしてください!
※Minecraft PE本体にMod、テクスチャ・スキンを適用することの出来るツール、PocketToolは0.8.0以降の使用が出来なくなったのでここではBlockLauncherを使う方法のみ解説します。

必要なもの


※注意!
BlockLauncherはMinecraft PE本体が入ってないと動きません!また、BlockLauncherがMinecraftPEの最新バージョンに対応するまではMinecraftPEをアップデートしないでください。正常に動作しません!

(具体的な事に関しましてはBlockLauncherを参照願います。)

手順

さて、今回は例として「Ultimacraft(日本語化版)」を適用します。
Mod一覧ページから、Ultimacraft解説のページへ行きます。


上のほうにある日本語版をダウンロードしてみます。
リンクを進めていくとダウンロードができます。
このModの場合はmod_test.jsというファイル名ですね。


ダウンロード、を押しファイルを端末内に保存します。
ダウンロード方法はそれぞれのModにより異なります。またブラウザによっても異なりますので注意してください。


ダウンロードは数秒で終わります。
できたらBlockLauncherを起動しましょう。


初回起動の場合最初に英文が出てきますが、無視してOKです。
画面上のスパナのアイコンを押します。メニュー画面が出ます。

ダウンロードしたものの拡張子が.modなら「Patch Mods in a Game」
拡張子が.jsなら「ManageModpeScripts」を押すと以下のような感じの画面になります
Ultimacraftは.jsなので「ManageModpeScripts」を押します。


Importを押します。


ストレージ内のファイル一覧が出てきます。
ダウンロードしたファイルのある場所を探し、modのファイルを見つけます。


mod_test.jsこれですね。

押すとアプリ内に取り込みが始まります。

適用されました


この状態でタイトル画面に戻り、ゲームを起動するとModが適用された状態になります。
お疲れ様でした。

BlockLauncher(無料版)では、リストに追加できる(同時に適用させることのできる)Modは3つまでですがBlockLauncherPro(有料版)なら制限はありません。

Modを無効にさせたい場合(Android)

拡張子が.modなら「patch mods in a game」、拡張子が.jsなら「ManageModpeScripts」を押して、無効にしたいModを表示させます

無効にさせたいmod名をタップします。

「Disable」を押すと無効化されます。

また、無効にするのではなくリストから削除する場合は、「Delete」を押してください。
本体ファイルが削除されるわけではないので、また同様の手順を踏めば、読み込むことができます。
無料版を使っている人は頻繁に「delete」しなければならないかもしれませんが、有料版を買うとまたいちいち読み込む手間が省けるのでお勧めです。

スポンサードリンク

Menu

メニュー

アップデート情報
次回のアップデート情報をお届け










【メニュー編集】

Twitter公式アカウント

Twitterでも更新情報をお届けしております!
是非ともフォローお願いします!



Wikiをはじめる

マイページ