トラップタワーの作り方やSEEDなど、MinecraftPEを楽しむための情報や、最新のアップデート情報が詰まった非公式wikiです。

このページでは、Minecraft(旧MCPE)のバージョン1.2について記載する。

1.2とは?

1.2は、"Better Together Update"すなわち「皆でやろうぜ」アップデートというハード(機種)の枠を超えて一緒にやれるというbedrock Engineと呼ばれるゲームエンジンでの開発に一元化されたアップデートである。(Xbox one,Windows 10,PE,Nintendo Switch,VRがゲームエンジンベースに)なお、当バージョンから大人の事情がある一部機種(SONYコンソール、Wii U、Xbox 360と本家大元のMinecraft Java Edition)を除きMinecraftと称するため、当記事内もPEではなくMinecraft及びBEとする。なお、betaについては1.2 betaの変更点についてを参考されたい。

アップデート日時

Android2017年9月21日
iOS
Windows10
kindle未発表
Xbox One2017年9月20日
Switch2017年中(ネット関連の開発が遅れているため延期)
※過去のビルドやベータ版等の情報はページ下部にあります。

アップデート内容

Beta test

・Xbox Insider Hub appを利用することでWindows 10プレイヤーが"バグ探し"に参加できるように。
・Xbox oneのプレイヤーが"バグ探し"開始後なるべく早い段階で"バグ探し"に参加できるようになる。

全般

・C++ Edition(PE)がNintendo SwitchとXbox Oneと合わさり"Minecraft"に名称変更(既存PC版のオリジナルは"Minecraft Java Edition"に名称変更)
・Nintendo SwitchとXbox Oneとのクロスマルチプレイに対応。
└・Minecraft Realms(for C++Edition)がNintendo SwitchとXbox Oneに対応。
└・MinecraftマーケットプレイスがNintendo SwitchとXbox Oneに対応。
└・Minecraftマーケットプレイスでの購入内容が全プラットフォーム(C++ Edition,Nintendo Switch,Xbox One)で共有化されるように。(コンテンツアカウント紐付け制)
・Minecraft Realmsとは別のMojang公式サーバを追加。(Nintendo SwitchとXbox Oneに対応。Lifeboat、Mineplex、InPVPの3つ)
└・「サーバーブラウザ」を追加。(公式のサーバーリスト。ペアレントコントロールが装備されているので小さなお子さまのご利用でも安心です。)
・ボーナスチェスト設定・ボーナスチェストの追加
・初期(開始時)マップ設定・初期(開始時)マップの追加、プレイヤー信頼設定の追加
・ゲームルールコマンドがワールド設定から設定出来るように。
・ゲームルールコマンドにTNT Explodes、Show Coordinates(座標表示機能を有効にするか)とNatural Regenerationを追加。
・操作などのヘルプページを追加

・オウムの追加(4種)
└・ジュークボックスで曲をかけると狂気のダンスを行うように。(「例のアレ」のイースターエッグ)※イースターエッグ:コンピューターのソフトウェア、ウェブページ、ゲーム、テレビ番組、映画、書籍、クロスワードなどに含まれる隠されたメッセージ、内輪ネタ、機能のこと。
・ゾンビ村人の卵を追加
・スプラッシュスクリーンの追加(Android)、スプラッシュスクリーンの表示内容の変更
・背景の画像の変更
・ワールド生成中、読み込み中、セーブ中にコンソール版にあったような明日Minecraftでは使えるが現実では使えない豆知識こと「面白いヒントと役立つヒント」が表示されるように

・(build3)コードコネクターが追加。(win10のみ。Education Editionとの連携用とされる。)
・※メタデータ上で呪いの追加
└・Console Editionの方々は呪いの本が追加されるまで見た目は本になった呪いの本を保持することができる。(メタデータ保持)
・(build9)座標がワールド設定・設定のトグルスイッチとgameruleに実装されました。(座標!設定の下でgameruleとトグルとして利用できるようになりました。)
・(build9)ワールドのコピーボタンが「ワールドを削除する」と「ワールドをエクスポートする」の横に表示されます
・新実績
・Realmsに招待リンク機能を追加
・HUD不透明度設定
・マッシュアップとテクスチャで新たにHUDをいじれるように
・紙人形表示の追加
・アドオンがアップデートされました。確認をお願いします。

新しいMarketplaceコンテンツ

■ワールド
・Sunnyside Academy by Imagiverse
・Abstraction: SOLAR by Jigarbov
・Halfling Burrows by Razzleberries
・Dinosaur Survival by PixelHeads
・Sunset Coast by Blockworks
■リソースパック
・Beyond the Lands by Tomaxed
■マッシュアップパック
・Halo (with NEW gameplay!)
・ハロウィーン
■スキンパック
・Battle & Beasts 2
・Mini Game Heroes
・Mini Game Masters
・Star Wars Classic
・Star Wars Prequel
・Star Wars Rebels
・Legacy Skin Pack
・Kawaii by 57Digital
・Sports Heroes by 57Digital
・Wildlife by 57Digital
・Steampunk Skin Pack by Blockception
・Autumn Bliss by Eneija
・Mob Friends by Eneija
・Dungeoneers by Irish
・Heroes and Legends by Irish
・Dinosaur Island Characters by PixelHeads
・Random Pack by PixelHeads
・Dapper Folk by Polymaps
・8-Bit Minis by Razzleberries
・Back to School by Razzleberries
・Circus by Razzleberries
・Emoji by Visula
・Freaks and Zombies by Visula
・Back to School by Imagiverse

ワールド

・渓谷の追加

仕様変更事項

・マルチプレイが完全XboxLiveアカウント制に移行する。
└・XboxLiveアカウントマルチプレイの権限強化、通報機能実装等の大幅な改定

・氷のテクスチャが背景が透けるようにになった。
・オフハンドスロットに地図を置けるように。
・Spawn Chanksを置き換える形で新コマンド「/tickingarea」を追加。
└・現在のSpawn Chanks(初期スポーン地点付近の別ディメンションにいても常時読み込まれているチャンク)を増やすいわゆるJava Edition MOD「Chank loder(チャンクローダー)」系MODをバニラのコマンドで行ってしまおうというもの。
└・アドオンで、mobのデスポーン距離などを書き換えられるように。

・山岳バイオー厶で降雪が見られるように。
・チャットのUIが変更され、チャットでのコマンドがより直感的に使えるように(ボタン選択式に変更)(従来の/time setのように打つことも可能。)
└・オートコンプリート機能の追加。
・コマンド内のエンティティのフィルタリング機能(セレクター)の追加。
・クリーパーがスケルトンに倒されるとレコードを落とすように。
・ブロックにカーソルを当てると白くハイライトされるのではなく、黒い枠が表示されるように
└・PE系列ではオプションで白いままにするかの変更が可能。Consoleでは変更不可。
・マルチプレイ中において、地図に他のプレイヤーが表示されるように。
・作業台のUI変更:現クラシックとPocketを結合したものに変更。レシピブック機能の追加。
・ガラスなどのインベントリ表示が斜めに。
・GUIアイコンが斜めに、アイコン変更などGUIが大胆に変更。
・ガラスなどを単体で設置した時に棒状になるように変更。
・Console Edition(SwitchとXbox one)との統合に伴うクリエイティブ飛行速度の調整、レッドストーン関連の調整。
・クリエイティブモードのワールドを作成した際、空のホットバーで始まるように調整されました。

アイテム追加

・バナーの追加
・本と羽ペンの追加
・色付きガラスと色付きステンドグラスの追加
キチレコ各種レコードとジュークボックスの追加
・防具たての追加
└・レッドストーン入力によるポーズ自動変更機能の実装
・花火の追加(花火の星、ロケット花火の追加)
└・ディスペンサーを横向きにつけて飛ばすとと横にとぶ
・荒れた土の追加。
└・(草が伝播せず荒れているので)鍬で耕すことにより土にすることができ、更に耕すことで農地にできる。
・ストラクチャーブロックを追加(Windows 10のみ)(共有サービスみたいなのに使うもの)

微調整(追加開示分)

build1
・ブレイズパウダーは、醸造スタンドに燃料を供給するために必要です。
・ロケータマップは、ディメンションに関係なく、所有者の位置を追跡するようになりました
・ワールドにおいて招待のみ、友だちのみ、または友だちの友だちに設定できるようになりました
・再設計されたボタンマッピングとコントローラのPick Blockの追加
・レンダークラウドとファンシーリーフをビデオ設定で切り替えることができるようになりました
・一時停止メニューからスキンを変更できるようになりました
・チャットメッセージをミュートすることができるようになりました
・ピックアップされたアイテムがホットバーでアニメーション表示されるようになりました
・ステンドグラスとバナーは今やエンドシティーに生息するでしょう
・ハイエンド端末の世界でのデフォルトのプレーヤー制限を5から8に引き上げました
・ブロックの配置速度がプレイヤーの移動速度と一致するようになりました
・オブザーバーブロックは、テクスチャを更新し、Redstoneのパルスを出力する際、赤く点滅するようになりました。
・mobが攻撃されたときに点滅する色を調整しました
・レンガブロック、ネザーレンガブロック、および粘土ブロックは、より良い他の項目と区別するために名前が変更されました
・水中のパーティクル
build4
・コントローラーの左アナログスティックを押す事により、レシピブックとインベントリの間のフォーカスを切り替えるようになりました。(
)
・クラフトにどのアイテムが使用されているかを示すためにレシピブックにアイテムアニメーションを追加しました。
・デフォルトコントローラーの感度が60に上昇しました。
build5
・レシピブックを使用する方法を学習するために必要なボタンがレシピブックに追加されました
・プルトニウムモードを追加 - 一部のユーザーにとってFPSを向上させる可能性のある実験的な設定
build7
・高画質を有効にすると、高スペックのデバイスでジャングルの葉が透明になりました
・クリーパーの爆発音の効果を変えた。
build8
・水中呼吸と暗所視のポーションを飲んだ後、水中で見るのがずっと簡単です
・雨が静かになったりなど、ゲームの効果音と音楽のバランスを調整します。
・エンダーアイをポータルフレームに配置し、エンドポータルを開くための効果音を追加
build9
クリーパーとガストのみに影響を与えるエンティティタイプの制限(スポーン制限タイプ)を追加しました。すでに5x5のチャンクエリアに特定の数が存在する場合には生成されません。クリーパーとガストの過度のオーバーフロー(地獄の地獄状態)は発生しません。
コンソールプラットフォームがスキンをコンソールにアップロードできるようになるまで、Xbox Oneベータ版のアップロードカスタムスキンボタンを削除しました。

・レシピブックの可視性ステータスは、インベントリと製作(クラフト)のために別々に保存されるようになりました
・パフォーマンスを向上させるために調整されたエンティティカウント
・設定画面でのUIの微調整
・ハイライトスロットの画像と調整されたレイヤーがアイテムの下にくるように変更しました
・バックアップ用途に使用可能な「ワールドのコピー」の追加
・ケーキのスタック制限が64に緩和しました。

バグ修正

本提出版
多くの修正
build1
・多くのバグを修正。様々なものがイジられています。
・一時停止ボタンがAndroidで表示されるようになりました。
build2
・多くのバグ修正

一覧

build3
・名札がきちんと働いていなかったバグを修正。
・サーバーに接続する際のクラッシュを修正。
build4
・多くのバグの修正と改良。

一覧

build5
・レシピブックの改良、特にタッチスクリーン使用時の改善
・きちんとアイテム名が表示され、タッチスクリーン上のレシピブックでアイテムが選択されると消えます
・Pocket UI上のコントローラでプレイするときに、体力、装備、酸素、空腹状況バーが表示されるようになりました
・ディメンションの変更時に[キャンセル]ボタンが表示されなくなりました
・「Generate Random」ボタンの名前が「Create New World」に変更されました
・一部のブロックのアニメーションは、ワールドリロード後も同期されなくなりました
・トーチを破壊した際、トーチの後ろのブロックのマイニングアニメーションが表示されていた問題を修正。
・クラシックUIが有効になっているときに装備されるまで、ホットバーに表示されない時計やコンパスが修正されました。
・クリエイティブモードで水中になると気泡がHUDに表示されなくなる
・Pocket UIを使用しているときにレシピブックで項目がアニメーション化されるようになりました
・ブロックをブラッシングするときにスプリントを修正するため、ブロックに直接当たるとスプリントが停止する
・わずかに増加した走向速度と歩行速度
・モブヘッドはレシピブック画面と重複しなくなりました
・パターン付きの細工されたバナーのアニメーションは、レシピブックに適切なアイコンが表示されるようになりました
・別のセッションを終了した後にワールドを作成、ロード、または参加させる際のクラッシュを修正しました。
・他のプレイヤーがセッションを離れるとホストのゲームがクラッシュするのを修正
・レシピブックからMobヘッドを奪うときのクラッシュを修正
・'/tickarea'を使用したときに発生したクラッシュや世界的な破損を修正しました
・花火ロケットはエンティティ名としてデバッグ文字列をもはや持っていません
・ネコはもはや鶏を追いかけて地面に沈むことはない
・ドラゴンを殺した後に生成されたエンドポータルにブロックがなくなった
・レールが回転していないか、または互いに接続していない問題を修正
・ターゲットプレーヤーがOPのレンダラー距離の外にいる場合でも、プレイヤー権限を変更できるようになりました
・mobに乗っているmob(豚、羊、牛、ゾンビに乗る子供のゾンビやスパイダージョッキーなど)は地面に達する前に墜落ダメージで死ぬことはもうありません。
・オペレータ権限をオフにすると、自動的にテレポートがオフになります
・いくつかのメニューアライメントの問題を修正
build6

一覧

build7
・多くのバグの修正

一覧

build8
・下記の内容の変更

一覧

build9
・多くのバグの修正

一覧

既知のバグ

build2~build5
・カスタムスキンの設定が不可(build6で修正)
Xbox oneでの既知のバグ(2017年8月25日現在)

一覧

情報元

(長いため閉じてます。)

過去のビルド/ベータ版のアップデート日時


スポンサードリンク

Menu

メニュー




サバイバル攻略
生き延びるためのテクニック


MOD・スキン・テクスチャ・アドオン
雰囲気を変えてプレイ


レッドストーン
レッドストーンを利用したテクニック








Wiki公式Twitterアカウント

Twitterでも更新情報をお届けしております!

メンバーのみ編集できます