トラップタワーの作り方やSEEDなど、MinecraftPEを楽しむための情報や、最新のアップデート情報が詰まった非公式wikiです。


このページでは落下式TTについて解説しています。

落下式TTって?

落下式TTとは、敵MOBを落下ダメージによって殺傷させるTT(トラップタワー)です。

方針

湧き層でスポーンさせた敵MOBを一定の高さ以上から落下させる事によって敵MOBを処理します。

作り方

このTTは大きさとしては横22×縦22の高さ36です。

(画像のダイヤモンドの所が湧き層の床となります。)
,泙困浪22×縦22の土台を作ります。


△修海ら高さ※25ブロックまで積み、湧き層を作ります。
0.9.0でMOBのHPが増加したので25では足りません。


J匹鯔笋瓩憧粟。


モンスターを即死させるには高さ25マス以上必要です
0.9.0でMOBのHPが増加したので25では足りません。

効率をさらに上げたい方は湧き層の記事を参照して下さい。(半ブロックなどのブロックの配列に工夫が必要)

自動回収

ここでは自動回収のやり方を説明します。
水をしくと、ダメージを与える事が出来ないのですが、水の下にフェンスを置く事で、落下ダメージを与える事が出来、アイテムも運ぶ事が出来ます‼
フェンスは、敵mobが落ちる場所全てに置いて下さい。

また、4方向に接続していない柵の上にMOBが落ちた場合、生き残る事があります。

ちゃんとダメージを与える事が出来ています。


これをTTに実装するとこのようになります
(暗いので画像補正済み)

ちゃんと最も体力の高いクリーパーも死んでいる事がわかります。

回収場所

大きな水流回収層の作り方

1, 回収層にフェンスを敷き詰めます。この時、1列だけフェンスを置きません。


2,フェンスを置かなかった列にフェンスゲートを設置します。(フェンスゲートを設置しないと、MOBが死なない事がある)


3,フェンスゲートを全て開いた後、すぐ上のマスに板ガラスを設置します。(水流を止めるため、かつその列にMOBが落ちて来た時でも処理出来るようにするため)


4,フェンスゲートと板ガラスを設置した列の下に穴を掘ります。


5,穴を掘った一列にアイテムが落ちて来るので、そのアイテムも集めます。水源の上にアイテムが落ちると回収出来なくなるので、水源はアイテムが落ちない、1マス手前に置きます。(ダイヤブロックの部分)水流の延長は掘り下げる事で行います。


6,金ブロックの部分に水源を設置したら完成です。


7,拡大したい場合は、左側にも同じように作れば、大丈夫です。




8,奥行きはそのまま増やせば大丈夫ですが、横幅を増やす時は1段上げます。


この際、水流の長さが余ってしまい、繋ぎ目の水の深さが1以上になると死なないMOBが発生する可能性があるので、看板などで、水の深さを1に調整します。


※あまり回収層が大きくなりすぎて、アイテム化してから拾うまで時間がかかってしまうと、アイテムが消失してしまうので、なるべくコンパクトに済ませた方が無難です。

動画

・トラップタワーの作り方


・落下式トラップタワーの紹介

スポンサードリンク

Menu

メニュー




サバイバル攻略
生き延びるためのテクニック


MOD・スキン・テクスチャ・アドオン
雰囲気を変えてプレイ


レッドストーン
レッドストーンを利用したテクニック








Wiki公式Twitterアカウント

Twitterでも更新情報をお届けしております!

メンバーのみ編集できます