トラップタワーの作り方やSEEDなど、MinecraftPEを楽しむための情報や、最新のアップデート情報が詰まった非公式wikiです。

はじめに・・・


''Minecraft PE 0.12.1"アップデート以降、、要求スペックが一気に高くなりました。
これにより、携帯に入っているCPUという中央処理装置の性能の違いでマイクラの動作もかなり変わってきます。このページでは、その辺について書いていきたいと思います。
この記事は独断と偏見で書いているので、誤ったところがありましたら、ご指摘よろしくお願いします。
お手元の端末のCPUを確かめたい場合は、PlayストアからCPU-Zというアプリを落としてご確認ください。

まずCPUとはなにか

CPUとは「Central Processing Unit」の略で、簡単に言えば、これがないと計算もできなくなり、携帯が動かなくなります。パソコンも一緒です。
プログラムからの命令を受けて、それを計算や演算処理したりする部分のことです。
もちろん、CPUの種類はいろいろありますし、性能の良いものほどマインクラフトもしっかり動きますので、そのCPUを見て行きましょう。
もしお使いのCPUが表記されていない場合は、要望があれば追加します。
それか、そのCPUに近いCPUで参考にしていただければ幸いです。

Qualcomm Snapdragon


このCPUは、最近発売されてるほとんどのAndroid・Windows Phone端末に入っています。まずは、性能を見て行きましょう。
CPU名主に使われてる型番ビット数クロック数コア数グラフィック動くか動かないか
Snapdragon S3APQ806032bit1.2Ghz〜1.5Ghz2コアAdreno 220かなり厳しい
Snapdragon S4 PlusMSM896032bit1.5Ghz〜1.7Ghz2コアAdreno 225まだ動く
Snapdragon S4 ProAPQ806432bit1.5Ghz〜1.7Ghz4コアAdreno 320動く
Snapdragon 410MSM891664bit1.2 GHz4コアAdreno 306動く
Snapdragon 615MSM893964bit1.7 GHz + 1.0 GHz4+4コアの8コアAdreno 405相性があるが、大体は快適
Snapdragon 800MSM897432bit2.2Ghz〜2.3Ghz4コアAdreno 330動く
Snapdragon 801MSM8974AB32bit2.3Ghz4コアAdreno 330快適
Snapdragon 808MSM899264bit1.8 GHz + 1.4 GHz2+4コアの6コアAdreno 418相性はあるが、快適
Snapdragon 810MSM899464bit2.0 GHz + 1.5〜1.6 GHz4+4コアの8コアAdreno 430非常に快適
Snapdragon 820MSM899664bit2.2 GHz4コアAdreno 530非常に快適
これが今まで発売されてる機種に入ってるCPUです。
わかりやすく言うと、ご自身の端末のCPUを見て動くか動かないかのところを参照にしていただければ幸いです。
Snapdragon 801はHTL23(HTC J Butterfly)Xperia Z3、Z2などに入っています。
808はNexus5XLGV32に搭載されています。
Snapdragon 810は最近出たXperia Z4HTV31などに入っています。(発熱によるMinecraftの停止が多いと言われています・注意してください)
Xperia Z5だと冷却効率が上がったため、快適にプレイすることが可能と思われます。
HTV32(HTC 10)XperiaX PerformanceともにSnapdragon820ですが、XperiaX Performanceは3GBに対し、HTV32(HTC 10)はメモリが4GBなので快適にできると思われます。

Exynos


これはSamsung製の携帯(Galaxyシリーズ)を使っている人にはピンとくるんではないでしょうか?
とりあえず性能を見て行きましょう。
CPU名主に使われてる型番ビット数クロック数コア数グラフィック動くか動かないか
Exynos 4 DualExynos 421032bit1.2Ghz〜1.4 GHz2コアARM Mali-400MP4やり込むには厳しい
Exynos 4 QuadExynos 4412 Prime32bit1.6Ghz4コアARM Mali-400MP4動く
Exynos 5 OctaExynos 542032bit1.8-1.9 GHz + 1.3 GHz4+4の8コアARM Mali-T628MP6快適
Exynos 7 OctaExynos 742064bit(なはず)2.1Ghz+1.5Ghz4+4の8コアARM Mali-T760 MP8ヌルヌル動く
Exynosはコアが多いCPUが多い傾向があります。そのおかげかマインクラフトは比較的サクサクに動いてくれます。
ゲームするならGalaxy製品を使うのもひとつの手かと思います。

Intel Atom


「Intel」といえば、PCでは主流ですね。
主にタブレットで使われる傾向が多いです。
Intel Atomは省電力なCPUなのでタブレットやスマホで使われることも多いですが、デスクトップ向けやサーバー向けなどもあり、省電力向けなPCに使われるCPUとなっています。
最近ではZenfoneなどでも使われてたりと最近携帯業界でも主流になってきました。
要望があったので追加させていただきます。
CPU名主に使われてる型番ビット数クロック数(TB時)コア数グラフィック動くか動かないか
Atom Z2000Z200032bit(64bitも対応)1.0Ghz(TBなし)1コアPowerVR SGX 540(320Mhz)厳しい
Atom Z2420Z242032bit(64bitも対応)1.20Ghz(TBなし)1コア2スレッドPowerVR SGX 540(400Mhz)厳しい
Atom Z2520Z252032bit(64bitも対応)1.20Ghz(TBなし)2コア4スレッドPowerVR SGX 544MP2少し厳しい
Atom Z2610Z261032bit(64bitも対応)1.30Ghz(1.60Ghz)1コア2スレッドPowerVR SGX 540 (400MHz)少し厳しい
Atom Z3735FZ3735F32bit1.33Ghz(1.83Ghz)4コアIntel HD Graphics動く(相性あり)
Atom x3-C3440x3-C344064bit1.2Ghz(TBなし)4コアMali T720 MP2動く
Atom x5-Z8300x5-Z830064bit1.44Ghz(1.84Ghz)4コアIntel HD Graphics動く
Atom x5-Z8500x5-Z850064bit1.44Ghz(2.24Ghz)4コアIntel HD Graphics快適
Atom x7-Z8700x7-Z870064bit1.6Ghz(2.4Ghz)4コアIntel HD Graphics非常に快適

最近、IntelはXシリーズで出してきました。
X3、X5、X7とありますが、これはデスクトップ向けで言うi3、i5、i7と同じようなもので、数字が上がるほど性能が高くなります。
一方昔のは3000〜2000シリーズだと少し古めなので厳しさがあります。
ところでスレッドというのは、仮想的なコアのことで、例えば1コアのCPUをあたかも2コアに見せかけたような感じで処理させるため、処理能力向上が期待できます。
Intelだとハイパースレッディング・テクノロジーで聞いたことがあるかと思います。
例えばIntel Core-i7だと、タスクマネージャーをみるとあたかも8コアあるように見えますが、実際は4コアで、残りの4コアは仮想のコアなので8コアと勘違いしちゃう方もいらっしゃいます。
1コアで2個分の処理をさせることを言います。例えば、一人の人間を1コアとします。その人間が2つの全く別の作業を同時にする感じです。
なのでCPUの表記で「2コア4スレッド」だった場合は、本来はデュアルコアですが、仮想上で4コアに見立てているのでそこは頭に入れておいたほうがいいかもしれません。
〜重要〜
2016年現在の情報ですが、IntelがAtomの開発を停止するそうです。
もしかしたら、これ以上新しいAtomが出ない可能性があります。
省電力で高性能なのにモバイルから撤退するのはとても残念だとおもいます...
ですがAtom系列のCeleronは残るそうなのでもしかしたらCeleronとして出すかもしれませんね!
今後に期待です!

MediaTek


なんぞこれ?と思う方もいるかもしれません。しかしASUS製品を使ってる方ならおそらくわかるかと思います。
安いのに性能いい端末などに乗っているCPUなのでゲームなどは・・・ッて感じだと思います。
CPU名主に使われてる型番ビット数クロック数コア数グラフィック動くか動かないか
Cortex-A9MT651732bit1.0Ghz2コアPowerVR SGX 531かなり厳しい
Cortex-A9MT6577T32bit1.2Ghz2コアPowerVR SGX 531厳しい
Cortex-A7MT812532bit1.5Ghz4コアPowerVR SGX 544動く
Cortex-A7MT658832bit1.7Ghz4コアPowerVR SGX 544動く
Cortex-A7MT65922.0Ghz8コアARM Mali 4コア快適
Cortex-A53MT816364bit1.3Ghz4コアARM Mali-T720 MP2 520Mhz快適
という感じです。MediaTekの比較的新しい製品でもすこしもたつきがあるかもしれません。
ですが、安価で手に入れてマイクラをしたい人にはいいのではないでしょうか。

NVIDIA Tegra Series


NVIDIA!?と思う方もいるかもしれません。あるんです。
Nexus7 2012年モデル、SHIELD Tabletなどに乗っているグラフィックです。ですが、CPUがMediaTekなのでMediaTekと出ることもあるそうです。
ですが、Tegraが搭載していることによって、ゲームは快適になります。では性能を見て行きましょう。
CPU名主に使われてる型番ビット数クロック数コア数グラフィック動くか動かないか
Tegra 3Cortex-A932bit1.3Ghz〜1.7Ghz4コア+1tegra3すこし厳しい
Tegra 4Cortex-A15 r232bit1.2Ghz〜1.9Ghz4コア+1Tegra4動く
Tegra K1 (32bit)Cortex-A15 r332bit2.3Ghz4コア+1Tegra K1非常に快適
Tegra K1 (64bit)Denver64bit2.5Ghz2コアTegra K1非常に快適
Tegra X1Cortex-A57+A5364bit不明4+4の8コアtegra X1物凄く快適
Tegra3は、いろいろな機種に搭載していましたが、Tegra4はSurface2でしかほとんど見かけなくなりました。
やはりNVIDIAなのか動作は快適な模様です。Tegra X1は触ったことがないので、あくまで予想とさせていただきます。
触れる機会があったらいじって検証してきます。

Apple Aシリーズ


これは、iPhoneに入っているCPUなのですが、ベースがMediaTekとなります。
iOSはそもそもプラットフォームが違うので、Androidとは違って少ないコアでも十分動いてくれます。
それもSnapdragon810や801よりも断然快適に動いてくれます。
なのでmodやツールを使わないのであれば、iOSを断然おすすめします。
CPU名主に使われてる型番ビット数クロック数コア数メモリグラフィック動くか動かないか
Apple A4(iPhone4)ARM Cortex-A832bit800Mhz1コア512MBApple A2(PowerVR SGX535)厳しい
Apple A5(iPhone4S、iPad2、iPad mini、iPod touch 5)ARM Cortex-A932bit800Mhz(1Ghz)2コア512MBPowerVR SGX543MP2すこし厳しい
Apple A5X(iPad 3)ARM Cortex-A932bit800Mhz(1Ghz)2コア1GBPowerVR SGX 543M4そこそこ動く
Apple A6(iPhone5、5c)ARMv7s32bit1.3Ghz(5cは1.25Ghz)2コア1GBPowerVR SGX543MP3快適
Apple A6X(iPad 4)ARMv7s32bit1.4Ghz2コア1GBPowerVR SGX554MP4快適
Apple A7(iPhone5S、iPad Air、iPad mini 2・3)ARMv864bit1.3Ghz2コア1GBPowerVR G6430快適
Apple A8(iPhone6・6Plus、iPod touch 6gn)ARMv8-A64bit1.4Ghz(iPod Touchは1.1Ghz)2コア1GBPowerVR GX6450物凄く快適
Apple A8X(iPad Air2)ARMv8-A64bit1.5Ghz3コア2GBApple/PVR GXA6850物凄く快適
Apple A9(iPhone6s・6s Plus・SE)ARMv8-A64bit1.8Ghz2コア2GBPowerVR GT7600物凄く快適
Apple A9X(iPad Pro 12.9・9.7)ARMv8-A-compatible64bit2.25Ghz2コア4GB(9.7インチは2GBです)PowerVR SGX554MP4物凄く快適
Apple A10 Fusion(iPhone7・Plus)不明64bit2.33Ghz4コア2GB(Plusは3GB)不明物凄く快適
iPad Air2だけは性能が全然違います。3コアという微妙な感じですが、物凄く快適です!
とうとうiPad Proでクロック数が2Ghz突破したようです。動作がとても気になります^^
ついでにメモリも4GBですね^^
Apple/PVR GXA6850というのは、PowerVRをAppleが独自に改造したGPUらしく、ベースはPowerVRですが、8コアというとてつもなく強力なグラフィックです。A8XかA9Xだと不満なくプレイできるでしょう。
AXシリーズはGPUのコア数がとてつもなく多いのでおすすめです。A9XのGPUはGeforce GT730に匹敵するスペックだそうです。恐ろしいですね・・・

追記1:iPhone 6sはメモリが2GB搭載されています。今後はiOSにはiPhone 6sをお勧めいたします。
追記2:iPad Proにはメモリが4GB搭載されているのでiPad Proでマイクラをするのも一つの手かもしれません。
どなたか、iPad Proを購入した方でMinecraft PEをテストしていただけたら、ご報告ください...

幾つかのCPUを比べてみる


というわけで今まで紹介したブランドのCPUを幾つか比べてみたいと思います。
上から順に重い順になってます。
ただしここは完全に独断と偏見なのでちょっと違うんじゃないか?と意見がある方は是非是非Twitterにて意見をお願い致します。
CPU名主に使われてる型番ビット数クロック数コア数グラフィック動くか動かないか
Cortex-A9MT6577T32bit1.2Ghz2コアPowerVR SGX 531厳しい
Tegra 3Cortex-A932bit1.3Ghz〜1.7Ghz4コア+1tegra3すこし厳しい
Exynos 4 DualExynos 421032bit1.2Ghz〜1.4 GHz2コアARM Mali-400MP4やり込むには厳しい
Apple A5ARM Cortex-A932bit800Mhz(1Ghz)2コアPowerVR SGX543MP2すこし厳しい
Cortex-A7MT812532bit1.5Ghz4コアPowerVR SGX 544動く
Snapdragon S4 ProAPQ806432bit1.5Ghz〜1.7Ghz4コアAdreno 320動く
Snapdragon 800MSM897432bit2.2Ghz〜2.3Ghz4コアAdreno 330動く
Exynos 4 QuadExynos 4412 Prime32bit1.6Ghz4コアARM Mali-400MP4動く
Atom Z3735FZ3735F32bit1.33Ghz(1.83Ghz)4コアIntel HD Graphics動く(相性あり)
Atom x3-C3440x3-C344064bit1.2Ghz(TBなし)4コアMali T720 MP2動く
Apple A6ARMv7s32bit1.3Ghz(5cは1.25Ghz)2コアPowerVR SGX543MP3快適
Snapdragon 801MSM8974AB32bit2.3Ghz4コアAdreno 330快適
Apple A8ARMv8-A64bit1.4Ghz(iPod Touchは1.1Ghz)2コアPowerVR GX6450物凄く快適
Exynos 5 OctaExynos 542032bit1.8-1.9 GHz + 1.3 GHz4+4の8コアARM Mali-T628MP6快適
Tegra K1 (32bit)Cortex-A15 r332bit2.3Ghz4コア+1Tegra K1非常に快適
Tegra K1 (64bit)Denver64bit2.5Ghz2コアTegra K1非常に快適
Apple A9ARMv8-A64bit1.8Ghz2コアPowerVR GT7600物凄く快適
Snapdragon 810MSM899464bit2.0 GHz + 1.5〜1.6 GHz4+4コアの8コアAdreno 430非常に快適
Snapdragon 820MSM899664bit2.2 GHz4コアAdreno 530非常に快適
Tegra X1Cortex-A57+A5364bit不明4+4の8コアtegra X1物凄く快適

iPhoneはプラットフォームが若干違うのであまり比較というのができませんが、だいたいこんなものだと思ってください。
Snapdragonは810からグラフィックが非常に強化されています。なので快適に動くと思われますが、XperiaZ4やZ3+あたりだと冷却がしっかりしていないので、発熱で固まってしまう可能性があります。
Apple Aシリーズは非常に安定しててオススメですが、modなどの導入をしたい場合、Tegraシリーズ(Nexus9SHIELD Tablet)を買ったり、HTV32XperiaZ5あたりを買うのをオススメいたします。

最後に・・・

いろいろ説明しましたが、最終的にまとめると「(Androidで)すごく快適にマインクラフトしたいなら最新機種を使う」「(iOSなら)iPad Pro・iPhone 6sを使う」のが良いかと思います。iOSは本当に軽くてびっくりしました。画面がでかいならiPad Air 2 / iPad Mini 4でも十分に動くかと思います。
こんなにわかりづらい、長い説明を最後まで見ていただきありがとうございました。

要望、修正箇所がある場合は私のTwitterまでお越しください @manazashi1000

スポンサードリンク

Menu

メニュー


アップデート情報
次回のアップデート情報をお届け



サバイバル攻略
生き延びるためのテクニック


MOD・スキン・テクスチャ・アドオン
雰囲気を変えてプレイ


レッドストーン
レッドストーンを利用したテクニック








Wiki公式Twitterアカウント

Twitterでも更新情報をお届けしております!

メンバーのみ編集できます